Industry News

  • Upcoming Events amy.hardcastle… Sat, 01/25/2020 – 01:36 To list an event, send information in calendar format to Donna Thomas at donna.thomas@aviationweek.com. For a complete list of Aviation Week Network’s upcoming events, and to register, visit www.aviationweek.com/events (Bold type indicates new calendar listing.) Jan. 27-30—Helicopter Association International Expo (HAI HELI-EXPO) Anaheim Convention Center, Anaheim, California, https://www.rotor.org/events/events-listing Jan. 28-29—Airports Council International, 2020 Innovation@Airports, Hotel Kabuki, San Francisco, California, https://airportscouncil.org/conference/2020-innovation-at-airports Jan. 29—National Business […]
  • New Positions, Promotions, Honors And Elections (Jan. 27, 2020) bridget.horan@… Fri, 01/24/2020 – 09:00 NASA has promoted Robert Pearce to associate administrator for the Aeronautics Research Mission Directorate. He was acting associate administrator and has held a number of strategic executive and program management positions at NASA. Pearce succeeds Jaiwon Shin, who has retired. Wizz Air has hired Jourik Hooghe as executive vice president/chief financial officer. Hooghe had been with […]
  • 报告称,航空变得更安全,但事故的代价更高昂 cheryl.heng@av… Wed, 12/18/2019 – 06:37 主要保险提供商安联全球企业及特殊风险有限公司(Allianz Global Corporate and Specialty)和安伯瑞德航空大学在一份新的报告中表示,飞机碰撞和坠机事故占所有航空相关保险索赔价值的一半以上(57%),相当于93亿美元,占索赔金额的四分之一以上(27%)。 Aircraft collisions and crashes account for more than half the value of all aviation-related insurance claims (57%), equivalent to $9.3 billion, and more than a quarter of claims by number (27%), major insurance provider Allianz Global Corporate and Specialty and Embry-Riddle Aeronautical University said in a new report. 他们在11月的报告中说:“尽管航空业安全记录的改善,特别是致命事故发生量方面的改善毋庸质疑,但我们仍然看到保险索赔的数量和金额在不断增加,这意味着飞行员和保险公司都还不能沾沾自喜。”  “Although the improvement in the aviation sector’s safety record—particularly with […]
  • 飛行は安全になっているが、事故は高額になっていると報告 cheryl.heng@av… Wed, 12/18/2019 – 06:27 主要な保険会社であるAllianz Global Corporate and SpecialtyおよびEmbry-Riddle航空大学の最新レポートによると、航空機の墜落と衝突は、全ての航空関係の保険金請求額の半分以上(57%)を占めます。これは93億ドルに相当し、総額の4分の1以上(27%)です。 「航空部門による安全への改善報告—とりわけ死亡事故件数に関する—が問題にされていないにもかかわらず、保険金請求額は上がり続けており、航空会社も保険会社も無関心ではいられないことを意味する」と11月のレポートは伝えています。 そのレポートの分析によると、2013年から2018年にかけて、航空保険分野における5万件以上の請求は163億ドル以上に相当します。 さらに、墜落と衝突による補償は、ハードランディングやバードストライク、滑走路事故などの事故も含みます。分析によると、470件の滑走路事故があり、その結果5年以上の支払い請求が発生し、損害額が8830億ドルを超えました。滑走路事故による請求の平均総額はほぼ2億ドルでした。 「ますます高度化している航空機が、請求を高額にしている一因にもなっている」、と報告されました。複合材料の適用が増加しており、それまでの金属合金に比べて、修理に費用も時間もかかります。 「さらに、航空機の設計と技術、製造がますます複雑化しており、機体全体に関わる被害の大きい地上事故を起こしている。2013年のボーイング787 Dreamlinerの事故の場合、リチウムイオンのバッテリーから電気系統に問題が生じた。最近、再設計されたボーイング737 MAXが、2018年から2019年の5か月以内に、死者を出す2度の墜落事故を起こした」、と報告されました。 同時に、乗客からの賠償請求が、多くのアメリカの原告弁護団と共に増加しています。主要航空会社の損失の減少に続いて、広範囲な事故による高額な懲罰的賠償を求めます。大型の民間航空機の需要を考慮すると、機体の長いナローボディ機や機体の短いワイドボディ機が何百人の乗客を運ぶことができるかどうか、見出しをとらえる墜落事故は補償金支払いに直結する、とレポートは伝えます。「乗客から何百万ドルの補償を求められる可能性によって、主要航空会社は事故に続き10億ドルの負担につながる」、と著者は指摘します。 それ以外の引き金が支払いを増加させているように思われます。報告されているおよそ1万5千件の、アメリカのバードストライクなど野生動物の衝突だけで、平均36万ドルの補償を引き起こします。さらに、気候変動による多くの乱気流事故—とりわけヨーロッパと北アメリカ間のフライトで—は、補償金を跳ね上げています。 逆説的ではあるが、レポートの指摘によると、航空はますます安全になっています。「乗客の人数を記録しているにもかかわらず、統計によると、安全なフライトは一度もなかった」、と著者は述べています。1959年から2017年にかけて、500機の国際線の民間ジェット機事故によって、29,298人が死亡したと記録されています。しかし、2008年から2017年の間に、37件の事故で2,199人が死亡しました。これは死亡者数全体の8%以下です。 Aviation Safety Network によると、ちょうど昨年の2017年に、民間航空機による10件の死亡事故がありました。その結果、着陸時に44人の乗組員と35人が亡くなりました—記録されている最も少ない死亡事故件数と死亡者数です(Aviation Daily, 2018年1月2日)。2018年、Networkは、計15件の航空機の死亡事故と556人の死者を報道しました。死亡事故の件数によってこれまでで3番目に安全な年であり、死亡事故の点では9番目に安全な年でした。2019年の統計は2020年1月に公表される予定です。 Allianz-Embry reportは、飛行中の制御不能が死亡事故を頻繁に起こすと伝えました。 Aircraft collisions and crashes account for more than half the value of all aviation-related insurance claims (57%), equivalent to $9.3 billion, and more than a quarter of claims by number (27%), major insurance provider Allianz Global Corporate and Specialty and Embry-Riddle […]
  • ロシア製R-77の内部 (Russia’s R-77 In Vympel Missile Factory) cheryl.heng@av… Mon, 12/16/2019 – 06:58 モスクワ市長セルゲイ・ソビャーニンが最近ヴィーンペル GosMKBを訪問—国有企業70周年を記念した訪問—したことは、施設を開放し、現地で製造されているR-77 (AA-12 Archer) など多くの興味深いミサイルを展示する貴重な機会となりました。 訪問時に展示されていた、R-77 (RVV-AE)の短距離版のように見える空対空ミサイルに、最も多くの関心が寄せられました。「ロシアの新型空対空ミサイル」と呼ばれるこの製品は、スホーイ社製Su-57戦闘機の小型兵器用コンパートメントから展開する予定です。このロシア製ミサイルはロッキードマーティン社のCudaミサイルに匹敵するとのことです。 しかし、詳しく見ていくと、組み立てられた正規のRVV-AEミサイルに、シーカやレーザー近接信管セクション、制御システムのコンパートメント、折り畳み式の格子フィンといった特定のセクションがあるのは明らかです。このミサイルは、弾体の中央部分—ロケットモータと翼を含む—がなく、弾頭もないようです。展示しているミサイルは、基本型のRVV-AEの生産サイクルが移行段階にあると考えられます。 R-77とは何か? アクティブレーダーの空対空ミサイルであるロシアのヴィーンペル製R-77 (NATOコードネームであるAA-12アッダーとしても知られている)は、AIM-120アムラームに匹敵します。1984年5月、MiG-29Mが初めて発射しました。 長年にわたり、ヴィーンペルが生産した唯一の型は、RVV-AEの空対空ミサイルの輸出型でした。しかし、少数のRVV-AEミサイルの輸出型は、ロシア空軍の保有するミサイルに含まれました。RVV-AEの生産量は、7,000から8,000発と推定されますが、正確な数は分かりません。生産者であるヴィーンペるが公表するRVV-AEの最大射程は80㎞です;ミサイル重量は177㎏です。 RVV-AEミサイルの仕様を詳しく知りたい方は、下のプラス記号をクリックしてください。   以上は、Piotr ButowskiがAviation Week & Space Technologyに書いた記事の簡略版です。展示している興味深いR-77とその他のデバイスに関する詳細は、記事全文をお読みください。全文を英語でご覧いただくには、ログインまたは購読していただく必要があります。 A recent trip by Moscow’s Mayor Sergey Sobyanin to GosMKB Vympel—a visit that marked the state-owned company’s 70th anniversary—served as a prime opportunity to open the doors of its facility and display a number of interesting missiles, including […]
  • 探秘俄罗斯R-77 (The Inside of Russia’s R-77) cheryl.heng@av… Mon, 12/16/2019 – 06:37 莫斯科市长谢尔盖·索比亚宁(Sergey Sobyanin)最近到访GosMKB Vympel,标志着这家国有公司成立70周年。此行创造了一次绝佳机会,让GosMKB Vympel打开其厂房大门,展示许多有趣的导弹,包括在现场生产的R-77( AA-12 Archer)。 A recent trip by Moscow’s Mayor Sergey Sobyanin to GosMKB Vympel—a visit that marked the state-owned company’s 70th anniversary—served as a prime opportunity to open the doors of its facility and display a number of interesting missiles, including the R-77 (AA-12 Archer), which it manufactures on site. 访问期间展出的一种空对空导弹引起了人们的极大兴趣,该导弹看起来像是R-77(RVV-AE)的简化版。这款产品名为“俄罗斯新型空对空导弹”,旨在从苏霍伊苏-57战斗机的小型侧武器舱进行部署。它似乎相当于洛克希德·马丁公司库达(Cuda)导弹的俄罗斯版。 An air-to-air missile on display […]
  • ABACE 2019 D1 kylee.adams@in… Sun, 12/15/2019 – 02:18
  • AirAsia X to launch Kuala Lumpur-Tokyo Narita service linda.blachly@… Thu, 08/22/2019 – 14:16 Malaysian LCC AirAsia X will introduce new direct service from Kuala Lumpur to Tokyo Narita starting Nov. 20.AirAsia X Malaysia CEO Benyamin Ismail announced the route via social media, writing the new route will allow passengers the ability to access Tokyo “either through Narita Airport or Haneda Airport, giving them more flexibility on flight times and connectivity […]
  • Selected U.S. Military Contracts for the Week of March 6 – March 10, 2017 user+1@localho… Wed, 03/15/2017 – 01:41 Selected U.S. military contracts for March 6, 2017 U.S. ARMY Blue Storm Associates Inc., doing business as Pemdas Technologies and Innovation, Alexandria, Virginia, was awarded a $49,500,000 order dependent contract for the Atmospheric Sensing and Prediction System. Bids were solicited via the internet with one received. U.S. Army Contracting Command, Research […]
  • Product Realization Pop Quiz will.herth@pen… Mon, 04/18/2016 – 17:42 How well do you understand Product Realization? Aerospace and Defense companies such as yours are looking for ways to gain insight into program decisions that impact cost, timing and quality. To effectively compete and achieve program execution excellence, you need to make manufacturing a core part of the development process. Put your Product Realization knowledge to test with this pop quiz. […]